最短距離で話せるようになる英会話訓練法
初心者から本物の中国語を身につけたい方へ

2010年09月03日

例えば中国語や英語など、

例えば中国語や英語など、

正直なところ、あなたはそう思ったと思います。
例えば中国語や英語など、日本語以外に1ヶ国語をマスターする
だけでも大変なのに、10ヶ国語をマスターしプロ翻訳者、
さらに20ヶ国語以上を学習しているなんて、
あなたには信じていただけないかも知れません。

しかも、私が最初にマスターした外国語である英語の学習を
本格的に始めたのは、30歳になる頃からです。
英語を短期間でマスターしたあと、その後わずか4年で8ヶ国語をマスターしました。

「網野さんは特別。きっと特殊な才能を持っていたのでしょう?」

もしかするとあなたは、そう思ったかも知れません。
そうであったら私も嬉しいのですが(笑)、
全然そうではありませんでした。

・・・それを説明するには、「あのこと」について書かなければなりませんね・・・。

・・・私には語学とは全く別の道を目指していた過去があります。
できれば封印して、もう触れたくない過去です・・・。

でも中国語の上達に深く関係がある話ですので、お話します。
恥ずかしいですが、少々お付き合いください。


実は・・・、


私は大学を卒業してから、
弁護士を目指して司法試験の勉強をしていました。
その頃の司法試験は合格率2%台の超難関です。

毎日、家に引きこもって法律の勉強の日々。
勉強時間が1日10時間を超えることもよくありました。

そして、毎年受験しては、・・・不合格。
丸々1年の努力が、たった数時間の試験で全て判断されてしまう。
そこは全く手加減の無い、冷徹な世界。

不合格となれば、また来年に向けて勉強を始める。
しかしその来年でさえ、例え1日15時間勉強したとしても、
合格の保証は一切ない。

人に会うと、試験の結果がどうだったか聞かれるので、
自然と人目を避けるようになり、外を歩くのも誰にも会わないように
気をつけるのが癖になってしまいました・・・。

そのため、私の20代はアルバイトしか経験がありません。
周囲の同級生が就職・海外転勤・結婚と華々しく活躍しているのを見ては、
焦る気持ちが募るばかり。

早く弁護士になって、素敵な女性になって、日本中を、世界中を駆け回って
活躍したい。
一人でも多く、困っている人の力になりたい。



・・・。

・・・いつになったら合格できるんだろう・・・。

迷いながら努力を続けるけました。
それが報われるかどうかがわからないまま・・・。
道に迷っているかもしれないのに、前に進まなければいけないような感覚です。

この苦しみを、あなたも受験や語学の勉強をしたことがあるのであれば、
実感いただけるかもしれません。

私の場合は、そんな状態が、・・・6年以上も続きました。
社会に飛び出して活躍する、宝物のような20代を、私は家の中でひとり
法律の問題集とともに過ごしたのです。

そして、私はついに、気づきたくない真実、
いや、正確には気づいていたのに目を背けていた現実を
受け入れることになりました。
posted by 中国語 at 20:34| 北京 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。